ドクター

抗うつ剤の使用方法|正しくのんで病魔を追い払え

  1. ホーム
  2. 病院でもらえる薬

病院でもらえる薬

男性

焦らずに治療を

病院でもらえる抗うつ剤には非常に多くの種類があり、覚えにくい名前なので素人には区別がつきにくいかもしれません。現在日本で使われている抗うつ剤には、大きく分けて5種類あり、古い順に三環系・四環系・SSRI・SNRI・NaSSAとなります。新しい薬ほど副作用は小さくなる傾向があるものの、製品によっても違いがあります。三環系は強い副作用が懸念される反面、効き目が高く安価なことが特徴で、古いにもかかわらず今でも使われています。これらの抗うつ剤は、脳内の神経伝達物質に働きかけ、気分を落ち着ける作用があります。目には見えない心の働きも、物理的には脳内のニューロンの電気信号に置き換えることができます。ニューロンをコントロールしているのが神経伝達物質であり、その量をうまく調節できない状態がうつ病と考えられます。三環系は神経伝達物質のうちセロトニンやノルアドレナリンに作用し、四環系は主にノルアドレナリンを、SSRIは主にセロトニンを増やす働きがあります。このように抗うつ剤は種類ごとに作用機序が異なるため、ひとつの薬では効かなくても、薬を換えれば症状が改善することがあります。薬が効果を現すには、少なくとも2〜3週間ほどかかるので、様子を見ながら治療を行います。効き目が薄いと医師が診断すれば、薬を増量したり、別の薬に換えたりすることがあります。うつ病は時間のかかる病気であると考えて、焦らずに治療することが大切です。抗うつ剤は脳以外の部分でも神経伝達物質に作用を及ぼします。そのため口が渇く、便秘、眠気などの副作用が出る場合があります。軽度のうつ病の場合は、安易に薬には頼らないほうが望ましいとされています。しかし自己判断で服薬を中止すると、完全には治らないまま再発を繰り返すことがあります。自分では治ったように感じても、脳内のバランスが正常な状態に戻っていないためです。一般に薬は段階的に少しずつ減らしていく必要があるため、中断したいときは専門医に相談してください。精神科のクリニックでは抗うつ剤以外に、症状に応じて睡眠導入剤や気分安定薬が処方されることもあります。精神科や心療内科に限ったことではありませんが、飲み合わせの問題があるため、服用中の市販薬があるときは必ず医師に申告しましょう。また、うつ病と似たような病気に双極性障害(躁うつ病)があり、効果的な治療薬や治療方法は異なるので、正確な診断を受けてから治療に取り組む必要があります。