ドクター

抗うつ剤の使用方法|正しくのんで病魔を追い払え

  1. ホーム
  2. 精神が落ち着くために

精神が落ち着くために

医療

薬の効果と注意事項

近年では、精神的な病気であるうつ病や、不安障害などの患者が増加しています。ストレス社会といわれ、上手く心と体をコントロールできない方がなりやすい病気です。精神科などで処方される薬に抗うつ剤があります。抗うつ剤は、精神を安定させ少しずつ病気を治療していくために使用されます。抗うつ剤を服用する患者は、脳の神経回路に異常が生じています。正しい判断ができず、心と体のコントロールが上手くいきません。また、落ち込みが激しく涙が急に出る、やる気が起きず1日中何もしないという日も珍しくありません。うつ病は、頭痛や吐き気などの体の症状も起こります。体には異常がないのに、頭痛や吐き気といった辛い症状が続きます。なので、うつ病患者の症状を緩和するために抗うつ剤を使用し、治療を進めていきます。抗うつ剤を使用すると症状は緩和してきますが、副作用もあります。効果はすぐに出ないのに副作用は早く出るので、逆に体調が悪くなったと感じ、服用を勝手にやめてしまうことがあります。そうしてしまうと、抗うつ剤による治療がうまく進まなくなってしまいます。ちなみに、副作用には、イライラしたりソワソワしたり落ち着きがなくなる、薬により気分が持ち上がり不安定な気分になるなどの症状があります。そして、精神面だけでなく、便秘や眠気、しびれなどが起こることもあります。吐き気やめまいなど生活に支障がでた場合は医師に相談しましょう。症状の変化により薬の量を変えてくれます。症状が悪化して緩和しない場合は、薬を増やします。その反対で症状が落ち着いてくると薬が減らされます。これは、病気の経過によって薬の量を変えて様子を見る治療方法です。抗うつ剤の効果は、話がしたくなり、人と会話できるようになります。そして、外出が困難だったのに外出して楽しいと感じることができます。食事も美味しく食べられるようになります。そのため、うつ症状が軽くなり、症状が緩和したと中止する方もいますが、個人の見解で薬を中止すると良くなっていた症状が再び悪化することがあります。なので、副作用を感じたり、効果を感じたりしても、薬を処方されたら医師の指示に従いましょう。そして、抗うつ剤のことをきちんと理解して服用することをお勧めします。また、抗うつ剤を服用しながら、その他の対策も並行して取り入れると症状が緩和されます。病気になった原因を取り除き、環境を変えて気分転換をする、楽しいことだけを考えるなども効果があります。周囲の方や家族の協力も得て、少しずつ治療をしましょう。いつどんなことが起こるかわからない病気です。急な悲しみやショックを受け、うつ病になる方もいます。うつ病などの精神科の病気は完治するので、再発しないように根気強く治療を行ないましょう。