届け!!心の医薬品

抗うつ剤の使用方法|正しくのんで病魔を追い払え

病院でもらえる薬

男性

病院でもらえる抗うつ剤には三環系からNaSSAまで色々な種類があり、いずれも脳内の神経伝達物質に作用しますが、効き目の現れ方は患者によって異なるため、自分に適合した薬を根気よく服用することが大切です。

精神が落ち着くために

医療

抗うつ剤は、うつ病患者などの精神科で処方される薬です。症状を少しずつ緩和させます。しかし、副作用もあるので医師の指示に従って服用することが重要です。辛い症状を少しでも早く緩和させ完治を目指しましょう。

うつ病治療の際の注意点

ウーマン

うつ病治療薬の特徴

現在、うつ病治療薬(抗うつ剤)は様々な種類が国内でも発売されています。精神科で処方される薬というと、「強い副作用」を想像してしまい、服用に抵抗がある方もいらっしゃることでしょう。ですが、従来の抗うつ剤(三環系・四環系抗うつ剤)と比較した時、その副作用は軽減されているといえます。ここで注意したいのが、完全に副作用がなくなったわけではないということです。あくまでも従来の薬と比べて軽くなっている、という程度です。医師の指示に従わずに自己判断で増薬や減薬することは、つらい副作用を引き起こす事態になりかねません。また、抗うつ剤の効き方や副作用の出方にも個人差があり、人によっては重い症状が出ることもあります。耐えられないほどの副作用に悩まされた時には、すぐに医師の判断を仰ぐようにしましょう。抗うつ剤の副作用には、便秘・ふらつき・体重増加・吐き気・下痢・眠気・不眠・不整脈などの症状があります。これらの症状は、抗うつ剤の特徴に関係しています。抗うつ剤はセロトニンやノルアドレナリンなどの脳内物質を増加させ、うつの症状を緩和させます。しかし、これらが過剰に作用してしまった場合、副作用として体に症状が現れてしまう場合があります。また、抗コリン・抗アドレナリン・抗ヒスタミンなどの物質によっても引き起こされます。このような副作用への対応方法としては、「慣れること」です。副作用の多くは慣れることが多いため、耐えられる範囲であれば我慢することも必要です。もし日常生活での支障が大きくなるようであれば、医師と相談の上対策を講じましょう。服用方法を工夫することで症状が軽減することもあるからです。必要に応じて減薬・薬を変える・副作用を和らげる薬を服用するなどの処置がとられる場合もあります。昔から存在する薬(三環系)は効果が期待大きい反面、副作用が大きいことが特徴です。多様な受容体に作用するため、便秘・口内の乾き・ふらつき・眠気・体重増加などの副作用が強く出やすい傾向にあります。こちらと比べると、新しい抗うつ剤(SSRIやSNRI)の方が全体的に副作用が少ないといえるでしょう。作用する受容体が絞られているため、副作用が出にくいといえるでしょう。ですが、特定の脳内物質だけを増やすため、昔から存在するものとはまた異なる副作用が出ることもあります。さらに、身体が薬に慣れた後に急に薬をやめた場合、離脱症状がでる確率が三環系よりも高い傾向にあります。うつ病のつらい症状を和らげる効果を持つ抗うつ剤ですが、デメリットも存在する薬であることを忘れてはいけません。我慢できないほどの副作用が現れた場合には、すぐに医師の診察を受けましょう。

精神病の治療

カウンセリング

心の病にかかってしまった際には様々な治療方法があり、自分に合った治し方を見つけることが大事です。精神科・心療内科で処方される抗うつ剤には自分に合う、合わないがあるので、良い病院をインターネットなどで探し処方してもらいましょう。

総合的に判断する

手

病院や医師によって処方される抗うつ剤も異なってきます。早めの治療には患者自身にもある程度の知識が必要で、抗うつ剤のこともちゃんと相談ができ、相性の合う医師を選ぶことがよくなるためのカギとなりますので、大変ですが納得のいくまで探しましょう。